当店、郵送にて鍵の部品が送られてくる事が多いですが、先日の作業のご紹介。

中国地方の自動車修理工場から、ミニクーパーのキーレスが送られてきました。

キーが送られてくるまでの経緯。

  • このクルマのオーナーさんが、DIYでキー内蔵蓄電池を交換する為に分解して電池交換をした。
  • 電池を替えたがキーレスが復旧しない。
  • クルマ側の問題と判断して自動車整備工場に入庫。
  • 自動車整備工場様は、オーナーが「電池を替えたのでキー側の問題ではない」と言っているので、クルマ側を色々とチェック。
  • キーレスの関するユニット全てを交換したが、キーレスが効くようにはならない。
  • 整備工場さん悩む…。。。
  • 整備工場さん、キーレスの電波を測定する装置を購入して、キーレスの電波を測ってみたら…。

「電波出てないじゃないか!!!」

このキーレスを直せたら直して、無理なら新しいキーレスを作成して欲しい。

という事で送られてきました。

まずはジックリと外観から。

イモビライザーに関しては問題なし。(エンジンは始動するという意味)

整備工場さんも電波は測っていましたが。

やはりキーレスの電波は測定されず。

比較的きれいには開けてありますね。

おそらく、カッターで脇を切って、マイナスドライバーなどでこじって開けたのでしょう。

開けてみます。

基盤をくまなく眺める。

DIYでやってるみなさん、電極形状の違うのを、頑張って取り付けてますよね。(笑)

一番あやしいのは四隅部分。

怪しいところを数か所確認。

決定打発見。

基盤上の電装部品が削り落とされています。

これを直すには、簡単に済まそうとするならば、別に中古のキーレスを入手して、この削り落とされたパーツを取付けしなおせば直る可能性はありますが…。

・他に怪しい箇所もあり。

・今までの経験上、DIYで蓄電池交換して不具合が出た基盤を直しても、かなりの確率で直らない。

という事を踏まえ、これ以上の作業はやめ。

この壊れたキーレスは、再度接着して終了。

ちなみに、この電池の電圧は、2.9/3.0V定格ありました。

こんな事もあろうかと、クルマ側からイモビライザーに関するECUを外してもらい、一緒に送っておいていただきました。

キーカットなど色々と作業して。

新しいキーレスのイモビライザー(エンジン始動)のデータをECUにプログラムして作業完了。

私の方で作成したキーレスの登録方法も同封して、ヤマト運輸 現金代引きで返送して完了です。

DIYでキーレス分解して、結果的に不具合を起こしてしまい、高額な修理代となっているケースが多い様にも感じます。

BMW系のキーレス分解をする時には気を付けましょう!

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。