北海道の中でも、関東からはかなーり遠い場所から、ミニクーパーのスペアキー作成のご相談です。

現在お使いのキーレスと、スペアキー作成に必須なEWS-ECUを車両から取り外して送っていただきました。

第一世代 後期型の2005y R50 MINI ONE のものになります。

遠方(離島を除く)から関東への発送方法は、日本郵便のレターパックなどがおススメな気がします。

※(日本郵便のサイトを見ると、離島の場合でリチウム電池内蔵品を送る場合は「ゆうぱっく」で送れ。って書いてある気がする…。)

今回はレターパックプラス(520円)で送っていただきましたが、お急ぎの場合には、ポスト投函してくれるレターパックライト(370円)の方がおススメです。

【レターパック プラスとライトの違い】

・レターパック プラス … 520円 / 対面受け取り / 日本全国 翌日~翌々日配達 / ※不在の場合は再配達扱い

・レターパック ライト … 370円 / 郵便受け投函 / 日本全国 翌日~翌々日配達

BMWのEWSの場合は、結構厚みがありますが、沖縄の宮古島などからもレターパックでEWS(キーレスの電池は取り外し済み品)がちゃんと届いていますので大丈夫かと。

約32ミリ。(レターパックって厚みの規制はないのかな?)

ただし、梱包に電池が入っている場合には少し話が変わる気がします。

特に二次電池と言われる充電式のリチウム電池などがそうですが。

基本、北海道などの場合は、空輸扱いになって、翌日には届くのですが、今回はキーレスに充電池が収まっていたので、空輸は不可で陸上輸送になったのかは不明ですが、届くのが遅かったです。

話しがそれましたが、肝心の作業です。

下のキーレスを作成します。

送っていただいたキーレスを眺める。

DIYで電池交換している跡あり。

BMW系のキーレスの電池不具合は、みなさん苦労してますよね~。

このキーレスから段差をデコードして。

新しく作成するキーレスをカット。

今度は、EWS-ECUのデータを編集して。

梱包前に一通り確認して。

・車両にEWSを戻してからのエンジン始動までの流れ。

・お客様が手動でのキーレス登録の方法。

上記の説明も同梱して完了です。

また、勘違いされる方も多いのですが、このブログ記事のようなキーレス作成まで含んだ作業は、ミニクーパーの場合は、第一世代の「後期型」でしか出来ません。

第一世代の「前期型ミニクーパー」の場合は、専用テスターが無いとキーレス登録が出来ないので、基本対応不可となります。

この度は、当店をご利用いただきありがとうございました。

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。