DIYでキーレス基盤をいじっていたら、エンジンが掛けられなくなったという事でのご相談です。

日程合わせてお伺い。

E85のZ4になります。

エンジンを掛けられなくなったキーレス。

一見すると、何もしていないように見えますが。

キーレスは分解済み。

キーレスをご自分で分解しようとしたのは以下の理由。

  • キーレスのリモコンが効かなくなったので、DIYで蓄電池交換にチャレンジ。
  • 電池を交換したが、キーレスは復旧せず。
  • 社外のキーレス一式を通販で購入して、DIYで直そうとした。
  • 社外のキーレスの金属部分のカットは、近所の合鍵屋さんで削ってもらった。

エンジンが掛からなくなってしまった経緯。

  • キーレスの基盤自体を交換する必要となった。
  • DIYではイモビライザーの設定は無理。
  • 壊れたキーレス基盤から、イモビライザーデータが入ったROMをハンダを使って剥がした。
  • それっきりエンジンが掛からなくなった。

基盤の状態を眺めていたのですが、正直関心しました。(笑)

「ピンポイントでここ外す?!」

多分、ネットで海外サイトも含めて、相当調べたのでしょう。

ホント関心します。

でもですね!

「外しちゃ駄目なんですよ~」(笑)

ちなみに、私は数々の現場をこなしていく内に、段々と詳しくなりました。😅

下は、通販で購入された社外品のキーレス。

鍵足部分は、近所の合鍵屋さんでカット済み。

社外キーレスに付属していたイモビライザーチップも貼ってありました。(赤丸部分)

あとで、この「中華製のイモビライザーチップ」が悪さします。

エンジンを掛けるイモビライザーチップを作成する為に、車両からECUを取り外し。

データ編集をして、キーレスに付属していた「中華製イモビライザーチップ」を登録しました。

これで作業完了かな?

と思ったのですが、この中華製のチップではエンジンが掛からない…。。💦

※登録自体は何の問題もなく完了しているのですが、何かが悪いのでしょうね~。。。

今回は、当店側で部品を使わない、という内容でのご依頼だったのですが。

急遽、私が普段使っているイモビライザーチップを使い、再度登録してみました。

やっとエンジンが掛かってくれました。

中華製のチップだと不安だな~。

という予想が、まさに的中! という感じです。

エンジンがかかって作業完了ついでに。

お客さんが壊して、エンジンが掛からなくなったキーレス基盤をいじってみます。

イモビライザーのデータも無事出力されるようになり。

エンジンも掛かる様になりました~。

この作業に関しては、あくまでサービス。

基盤を直しているという記事を出すと、「基盤を修理して欲しい」という問い合わせが来てしまい困るのですが、簡単なタクトスイッチ(カチカチ押すボタン)の交換などは受けていますが、「基盤の修理」という作業は受けていませんのでご了承ください。

キーの組み立てなどに関しては、お客様のほうでやるという事ですので、これにて完了です。

DIYでキーレス基盤をいじる際は気を付けましょう!

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。