少し遠方の車屋さんからのご相談。

お客さんに頼まれて、キーレスが効かなくなった、ミニクーパーのキーレスを分解したら、エンジンが始動しなくなってしまったとか。

依頼としては非常に多い内容です。

日程合わせてお伺い。

2004年式の、第一世代ミニクーパー R50の後期型になります。

クルマの持ち主の方が、仕舞っていた②のキーレスを持ってきてくれていたみたいで、とりあえずクルマを動かせない。

という状況ではなかったです。

今回は、当店の方で用意している、新たなキーレスを追加という事で話が決まっていましたので、まず最初に、キーレスが効かない理由が、手元のキーレス側なのか? 車両のキーレス受信ユニットの故障なのか?の見極めから始めます。

当店で追加予定のキーレスをセットアップしてみます。

セットアップも出来ましたので、これでキーレスが効かなかった理由が、手元のキーレス側と確定できました。

一旦、現在あるキーレス2本のチェックをしてみます。

まずは②番の仕舞っていたキーレスから。

イモビライザーは問題なくOK。(エンジンは始動可能という意味)

キーレスの電波は出ません。(多分、内蔵蓄電池が原因かも?)

お次は、分解してエンジンが始動しなくなってしまった①番のキーレス。

イモビライザーの出力無し。(エンジンは掛からないという意味。)

電池を外してあったので、当然ですがキーレスの電波は出ません。

分解をした車屋さんの話しでは、「電池を外す時に使ったハンダゴテの熱で…。。。」という説明でしたが、駄目になった基盤を見てみます。

エンジンが掛からなくなった理由は明白。

インダクタ?

多分、インダクタという電装部品の名称になると思うのですが、大事な大事な大事なコイルが切断されています。

大事過ぎなので3回言ってみました。

これではエンジンが掛からないのは当然。

裏側も一緒。

再接着を意識するあまり、カッターを使ってキーレスを分解するとなりやすいです。

確かに、切断面はキレイですね~。

ちなみに、私が分解する時には、カッターはゼーーーーーーッタイに使いません。

カッターを使って、キレイを取るか、リスクを取るかでしょうね。

もう一度まとめ。

インダクタのコイルが切断したキーレスは、直せそうだったのですが、今回は作業無し。

一通り観察も終わったので、肝心のキーレス追加作業の開始。

キーレスをカット。

車両からECUを取り外して。

イモビライザーのデータを編集して。

完了です。

DIYでキーレス分解をする時には気を付けましょう!

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。