お盆休み明け、BMWのスペアキーが続きましたのでご紹介。

2011y BMW E84 X1

当店ホームページを見ていただいたお客様より、BMW X1 のスペアキー作成のご依頼です。

2011年式のE84 X1 になります。

メールでの問い合わせの時点でも相談をいただいていたのですが、現在あるキーがコンフォートアクセス付きなのに、全くコンフォートが機能しなくなってしまったとか。

E84のX1でよくある症状です。

ドアノブ部分も反応無し。

車内に乗り込んでも、キースロットにキーを挿さないとエンジンが始動しません。

経験上、おそらく車両側の受信ユニットが故障をしていて、コンフォートアクセスキーを追加登録しても、おそらくコンフォートアクセスは効かないと思います。

と説明。

という事で、今回はコンフォートアクセス無しのリモコンタイプにてスペアキーの作成となります。

あれこれやって。

左側のキーを追加させていただきました。

この度は、当店をご利用いただきありがとうございました。

ブログへの掲載快諾も感謝します!

2008y BMW E70 X5

いつもご依頼いただく車屋さんに到着。

まずは、2008年式 E70のX5から作業開始。

カンカン照りもいいとこです💦

作業する車内がとんでもない暑さになっています…。

夏場に困るのが、わたくし車両のキー登録に使う診断機などのPC💻を、iphoneのデザリングでWIFI接続して使っているのですが。

一番怖いのが、PC💻は作業する車内に置かないといけないのですが、デザリングに使うiphoneを同じ様に車内にいれていると。

「高温注意」でWIFI接続が切れる可能性があります。

というか、iphoneが高温注意になった時点でWIFIは切断されます…。

この暑さは「さすがにやばいな💦」という事で、エアコンを効かせた作業車にiphoneを置いて、極力このBMWに近づけて、WIFIが届くのを確認して作業。

※PCでキー登録作業中に、作業PCのWIFIが突然切断された時点で、ほぼ50~99%、このBMWは不動になります…。。。

簡単には直せないの?

と思われそうですが、半日くらいかければ、おそらく自力で直せるとは思いますが、ほぼ一般的には、BMWディーラーに搬送。

そこから日数をかけて、車両ECUを一式交換してセットアップ。

おそらく、BMWディーラーから20~30万円くらいの請求書が届きます。(聞いたはなし)

そして、お客様からこっぴどく怒られます。(これも聞いたはなし)

いつも念には念を置いて作業しているので、幸いにもわたしは経験したことはありませんが。(笑)

「スペアキー作成って簡単だろ」と思われている一般の方が非常に多いですが。

それほど、今どきの欧州車のスペアキー作成はリスクが伴うという事です。

話がそれましたが、X5の作業開始。

WIFI接続も問題なさそうなので。

ボンネット開けてバッテリーの電圧を測定。

微妙な電圧だったので、安定化電源をつなげて作業。

あれこれやって、エンジン ブルルン ♬

左側のキーを追加させていただきました。

2009y BMW E89 Z4

一息つけて、お次はZ4です。

暑いので直ぐに終わらせたいのですが…。

診断機を車両に繋ぐと、またしてもECUが最新にアップデートされています😓

萎えそう…💦

このZ4も、バッテリー電圧が微妙なので給電しながら作業。

キー登録中、メカキーを削って動作確認などをして~。

あれやこれやと作業して。

エンジン ブルルン ♬

右側のキーを追加させていただきました。

そろそろ、モバイルルーターかなにかiphoneに代わる物を用意しようかなぁ。

と思っていると、秋になり涼しくなるので、きっとこのまま変わらないのだろう。。。

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。