京都より、修理依頼のフォルクスワーゲンのジャックナイフキーが届きました。

お客様のほうで分解途中。

これ以上は無理。という段階で届きました。

車両は、2011年式のVW POLO との事。

今回の記事、メールでの問い合わせの際、返信メールに添付する用で作成しますので、文字多め・写真多めでいきます。

修理というか、キーシェルの交換依頼で届きました。

こうなってしまった原因は、キーブレードの付け根部分が割れてしまうという、フォルクスワーゲンのジャックナイフキーあるあるの内容。

ほんと多いですね!

お客様のほうでもかなり苦戦した跡がみられましたが、キーレスを分解しきれずの状態。

結構簡単ではないです。

私もむかし剥がした事がありましたが、この仕様のジャックナイフキーの場合は、VWマークの裏には固定ネジは付いていません。

とりあえず、私が手を付ける前に、観察は終わったのでデータの測定。

イモビライザーは問題なし。(エンジンはかかるという意味)

キーレスの電波も出ているので問題無し。

事前チェックも済んだので、私のほうでキーレスを分解して基盤を取り出します。

分解の仕方は「コツ」があります。

分解した衝撃などで基盤が壊れてしまっていないか再度チェック。

イモビライザーは問題なし。

電池は仮付けして。

キーレスも問題なし。

今回は、下の社外品になりますが、新しいキーシェルに入れ替えます。

キーブレード部分だけ、固定ピンを抜いて元のキーから付け替える。

という方法もありますが。

固定ピン周辺は負担のかかる部分なので、新しくキーブレードを掘りなおすという方法を選択。

各メーカー、ジャックナイフキーのブレード固定部分って、なんで壊れるだろう・割れるだろう。

って想定できる作りなんですかね?

10年持てばいいだろう? って感じなんでしょうか?

外れてしまったキーブレードをデコード。

交換するキーシェルの方のブレードもカット完了。

あとは組み立てて完成です。

梱包前に、再度再度のデータチェック。

イモビライザー問題なし。

キーレスも問題なし。

ヤマト運輸の現金代引きで返送して完了です。

料金表の方には、この作業に関しての細かい金額は入れていませんが、関東県内であれば、概ね返信の送料を含めて、税込み13,200円の作業金額となります。

遠方や離島の場合は、別途送料が加算となります。

詳しくはメールにてお問い合わせください。(なるべくキーレスの写真の添付をお願いします)

また、作業にかかる日数ですが、修理するキーレスが届いてから2~3日以内には発送させていただきます。

この度は、当店をご利用いただきありがとうございました。

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。