アウディ TTのスペアキー追加のご依頼です。

何度かお電話をいただいていたのですが、中古のキーレスを再利用するか、当店にて用意している社外品のキーレス(ページ下部に写真置きました)で作成するかをお悩みでしたので、それぞれ料金をお伝えしていました。

オークションで中古キーレスを格安で落札されたらしく、日程合わせて作業開始。

8JのTTなら色々なパターンでキーレス作成できます

2013年式のアウディ TT 型式は8Jになります。

中古のキーレスを流用する時の疑問にお答えします

中古のキーレスって、鍵足の部分も削ってあるけどどうするんさ?

という疑問もあると思いますので簡単に説明させていただきます。

左側が中古のキーレス

分解しちゃいます。

キーブレードが違う車両用に彫り込んでありますので、下の様な治具を使って切り離します。

外れました。

キーマシンで、今回作業する車両用に新しいキーブレードを彫り込んで加工します。

逆の手順でキーブレードを組み込みます。

これにてメカニカルな部分の組替は完了です。

分解した中古キーレスを組み立てて準備OK。

難題のキーのセットアップも完了

残すは難題のイモビライザーとキーレスのセットアップです。

まずはイモビライザーのセットアップから

車両から、全てのキーデータを削除してから~

1本目完了。

2本目完了。

残すはキーレスのセットアップ。

予想通り、簡単にはキーレスがセットアップ出来ません…。

難しいキーレスの登録方法を思い出しながら~

完了です。

2012年頃まで発売されていた型式8PのアウディA3でも同じ事出来ます。

この度は、当店をご利用いただきありがとうございました。

当店で用意している社外品のキーレスです

非常に乱雑ですが、当店で扱っている社外品のキーレスを一部載せておきます。

鍵足のブレード部分は、各メーカーのタイプに付け替えて使用します。

画像クリックで拡大できます。

【紛失鍵作成・スペアキー作成・鍵の修理 出張対応可能地域】

神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県・静岡県・山梨県

その他の地域でも、対応可能な場合もありますのでご相談ください。