仕事とは全く関係ないが、Appleのアイポッドのバッテリーを交換してみました。

非常に苦労したのでブログにて記録。(笑)

作業車で使っているアイポッド。

調べてみると、第三世代 ipodナノ Model:A1236というやつになるみたいです。

かな~り昔から使っていますが、とうとうバッテリーが寿命みたいです。

何が不満だったのかというと、移動中に沢山の曲が順々に流れるのが普通なのですが。

現場到着~。

作業完了~。

再度移動開始!

また、ライブラリの最初の曲から始まる…。。

毎回同じ曲ばかり聴いてる気がする~💦

という感じ。

買い替えも検討したのですが、何か勿体ない気がしたので。(笑)

ネット通販で、互換性のあるバッテリーを購入。

1,395円でした。

(というか、iphoneを2台も持っているなら、それ使えよ!って話し。)

仕事の合間をみてチャレンジ。

まずは裏蓋を開けないと始まらないのですが、とにかく開かない…。(笑)

この時点で、早くも心が折れそうになる。(笑)

付属で付いてきた隙間を開ける道具を無理やり使ってもみるが、正直使えない…。

もう、ほんとにやっとの思いで裏蓋が開きました。

これ、きれいに開けられる人いるのでしょうか?(笑)

開かない原因は下の各所に付いている爪。

交換するバッテリーを並べてみます。

この状態でバッテリー交換出来れば簡単そうなのですが…。

さすがApple。

どうやら、基盤の反対側を開かないと、ハンダ付け出来ない感じ…。💦

いたるところに、私が嫌いなフィルム型の配線。

手をプルプルさせながら外していきます。

まだ外れない模様…。

他のフィルム線も外していく。

再度手がプルプル…。

こまかーい作業を繰り返し、やっと基盤が外れてくれました。

やっと折り返しまできました。😅

駄目になったバッテリーの線をハンダで外し。

新しいバッテリーを接続。

また手をプルプルさせながら、逆の手順で組み立てて。

最後に裏蓋「パチン!」と閉めて終わりだ~!😃

と思っていたら。

全く閉まりません。😓

閉まる気配すら感じません…。

原因は、開ける時にも苦労した爪。

自分のipodなので、邪魔なものは容赦なく削ります。(笑)

いつも仕事で使ってる瞬間接着剤で、二度と開かないように固定。

はみ出た接着剤は、以前ダイソーでまとめ買いしていた接着剤剥がしでフキフキ。

(これ便利。今も売っているのかは知らない。)

終わった頃には、付属していた棒の先端はバキバキ。(笑)

完成。

一応、DIYでやると、裏蓋こうなるんだよ。

という意味で四隅の写真。

私の精一杯。(笑)

でも、シリコンカバー付ければ問題なし。

3ヶ月経った今でも、元気に曲を流してくれています♪♪

長々と失礼しました。